スマホ、タブレットにホームページを対応させるには?

現在、スマホやタブレットのモバイルでの検索エンジンへのアクセスが、半数以上を占めています。ホームページを制作する場合、モバイルでアクセスしやすいホームページを制作する、モバイルファーストが言われてます。

具体的には、スマホ専用のホームページを別に制作する、又はレスポンシブデザインでホームページを制作するという方法があります。

モバイルファーストのホームページとは?

モバイルファーストでのホームページ制作は、第一にスマホタブレットでのホームページの見やすさが大切になります。

モバイルでのホームページの閲覧しやすさ

スマホでパソコンのホームページを表示させた場合、縮小された状態で表示されます。
これでは見づらく、お問い合わせや資料請求のボタンにたどり着くまでに、ユーザーがホームページから離脱してしまう可能性が高くなります。モバイルの小さな画面でも見やすく、ほしい情報にたどり着きやすいホームページを作ることが大切です。

第二に、ホームページの読み込みスピードに配慮する必要があります。

ホームページの読み込みスピードに配慮する

モバイルの通信速度は一般的にパソコン環境よりも遅いです。表示の遅いホームページはユーザーにすぐに離脱されてしまいます。ページ表示スピードを考えたホームページを作る必要があります。

モバイルの読み込み速度とパフォーマンスをテストする―Google

モバイルへの対応方法、レスポンシブデザイン、スマホサイトそれぞれのメリットデメリット

レスポンシブデザインは、ホームページを表示する、パソコンやスマホなどのブラウザの横幅によって読み込むCSS(スタイルシート)を切り替えることにより、それぞれのブラウザに最適なデザインを表示する方法です。もちろんそれぞれメリットデメリットがあります。

スマホサイトを別に制作する場合のメリット

  • スマホを閲覧するユーザーに特化したページのレイアウト、コンテンツにすることができる

スマホサイトを別に制作する場合のデメリット

  • スマホサイトが別にあると、ホームページを修正する際、パソコンのサイトとは別にスマホサイトの修正も行わなければならない。
    そのため、修正費用、時間が余分にかかる

レスポンシブデザインを採用する場合のメリット

レスポンシブデザインを採用する場合のデメリット

  • ホームページ制作の作業量がふえるため、価格が高くなってしまいがち。
  • すでにできてしまったホームページをレスポンシブデザインに変更することは難しく、基本的に新しく制作しなければならない

どちらを選択するかは、メリットデメリットとそれぞれの状況(主なユーザの年齢、ホームページの目的、既存のホームページの有無など)をじっくり考慮して決定するべきです。
Design-dongurikoではどちらの方法にも対応していますのでお気軽にご相談ください。

Googleのモバイルフレンドリー、モバイル表示スピード、パソコン表示スピードを測定するサイトがあります。

Mobile Website Speed Testing Tool

登録すると、メールでアドバイスを送ってくれます。