ホームページを作る前に考えなければならないことについて、まとめました。

ホームページを作る際に考えなければならないこととは?

ホームページを作るにあたり、構成案をしっかり考えることが大切です。
構成案を練っていくためには、考えなければならないことがたくさんあります。
いくつか挙げてみました。

ホームページを作る目的は?
ホームページを作ってどのような効果をあげたいのか。
  • ビジネスの信用を得るためにホームページが必要
  • 検索エンジン上位つけて、インターネットからの問い合わせを増やしたい
  • 自社ブランドのブランディング
  • 情報発信(ブログ、お知らせなど)をしていきたいなど
どんなターゲット層に自分のホームページを見てもらいたい?
年代に加えて、~しているのような形容詞も考える。
  • 20代~30代の働いている女性
  • 小学生の子がいる親世代
  • 活動的で金銭的に余裕のある60代~70代など
ホームページの種類
  • 一般的なホームページ
  • ECサイト(商品を購入し決済をすることができるホームページ)
  • ブログ(wordpressなどCMSを組み込んだ更新しやすいブログ。アメブロやFC2など既存のブログシステムを利用することもある)
  • ランディングページ(ある商品、サービスを売ることに特化した縦長のwebページ)
制作依頼の範囲
制作依頼の範囲は事前にきちんと考えておきます。
曖昧にすると、追加請求費用がかさんだり、制作会社ともめる原因になります。見積もりをしっかりとり、不要な項目は断る、分からない部分は説明を求めるなどすべきです。
  • デザイン…既存のhtml、Wordpressのテーマを使用しカスタマイズすることで費用を安くすることができる。
    スタッフや、店の内観、外観写真中心のデザインにした方が、集客力が上がりやすい。
  • ロゴ制作
  • コーディング
  • CMS設置…Wordpressなどの更新システム。更新の予定がなければCMSを入れない静的なホームページでかまわないが、現在はホームページのコンテンツを更新することがSEO上最も大切になっている。
    静的なホームページであれば、facebokなどのSNSを更新するなど工夫が必要。
  • googleタグマネージャー、アナリティクス、サーチコンソール設定…ホームページを制作すると設定は必須です。これらのデータは大事なものなので、できるだけ共有設定あるいは依頼主の名義で設定をしてもらう。
  • 保守管理…どれくらいの金額で、どのくらいの範囲を修正してくれるのか、保守管理費用の内訳は何かを、ホームページ制作前にしっかり確認するべき。
  • その他イラストを制作してもらう、サーバーの移管をお願いしてもらうなど
トップページにどんな情報をのせるか?
トップページだけ見てホームページから離脱するユーザーが多いので、一番アピールしたい情報を載せたほうがよい。
トップページからサブページに移動してもらえるような、ユーザーの興味をひく構成にする。またインスタグラムやツイッターなどSNSのウィジェットを設置し、SNSでもフォロワーを増やしホームページへのアクセス流入経路を増やす。
サブページ(下層ページ)にどんな情報をのせるか?
店舗であれば、業務内容、お店のアクセス、問い合わせ電話番号、営業時間は必須情報です。
それに加え、お客様の声、スタッフ紹介ページを加えることで親近感を感じもらうようにします。
デザインについて
現在ホームページへのアクセスは、スマホからが6割を超えます。パソコンで見てきれい分かりやすくても、スマホから見てイマイチ・・・では全く意味がありません。
小さなスマホ画面の場合、こったデザインより、ユーザーがほしい情報にたどり着きやすいデザイン設計が一番大切です。
  • 希望のカラー
  • 見本にしたいホームページ
  • 写真中心か、イラスト中心か
キーワードはな何にするか?
ターゲットが検索しそうなキーワード、ホームページの目的(コンバージョン)、競合するホームページの分析などからキーワードを選定する
一度に1ページですべてのキーワードを網羅するのは無理なので、キーワードごとに複数ページを制作したり、ブログ記事で適宜追加していく。
  • ビジネスの地域名+業種(整体院、歯医者、学習塾など)
  • 業種に関連するお悩みの事例(部分痩せ)+サブキーワード(簡単、安いなど)

以上挙げたもの以外にも考えなければならないことはたくさんあります。
ホームページが完成してから軌道修正するのは大変です。
制作に着手するまえにしっかり構成案をねりたいものです。